都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

新潟の光る米

   

地域都市伝説 新潟の光る米

さて今回紹介する都市伝説は「新潟の光る米」です。

米どころと言えば秋田や新潟が有名である。

そうした場所は流石というべきか、米にまつわる怪奇な伝説も存在しているのだ。

1940年ごろ、新潟県のとある農村で、収獲の際に不思議な米が発見された。

なんと、ぼんやりと光を放つ米が幾つか発見されたのだ。

収獲した農家の人間はこれを吉兆ではないかと喜んでいた。

そしてそれを聞きつけた地主はすぐに駆けつけると、この米を奪ってしまったというのだ。

地主は持ち帰った米を蔵の中に収納した。

そして暗い米蔵の中で見ると、その光る米はより幻想的なものだったことだろう。

気の毒なのは発見した農家の人々であったが、それもすぐに安堵の溜息へと変わっていった。

なんと、その晩に地主の蔵から不審火が出たのだ。

地主は命からがら逃げ出すことは出来たが、光る米の入っている蔵はあっという間に全焼してしまったそうだ。

それだけではない。火の勢いは衰えることもなく、そのまま地主の屋敷も燃やし尽くしてしまったというのである。

落胆する地主は、せめて光る米だけでも回収しようと焼け跡の中を歩き回ったが、どこにも見当たらなかった。

そもそも、光る米は本当に米だったのだろうか? 傲慢な地主を懲らしめるために、神様がもたらしたものだったのかも知れない

。人間、欲張り過ぎるのも問題があるようだ。

ちなみに、この村は名前こそ変わったものの、現在も存続しているのだとか。

信じるか信じないか君次第

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説 , , ,