都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

運転免許証にある12桁の番号は何を表わしているのか?

   

定番都市伝説 運転免許証にある12桁の番号は何を表わしているのか?

さて今回紹介する都市伝説は「運転免許証にある12桁の番号は何を表わしているのか?」です。

運転免許証にある12桁の番号は何を表わしているという都市伝説がある。

たしかに、国民の数だけ考えたら12桁もいらないと思われるが、12桁のうちいくつかは、きちんとした意味があるのだという。

まず最初の2桁は免許証を発行した都道府県の公安委員会コードナンバーです。

次にある、3、4番目の数字は免許取得時の西暦年数の下2桁です。

11番目の数字は、前6桁の数字をある計算式で算出すると出る数字が書かれていると噂されている。

つまり、適当な数字で免許証を偽造して作るとここの数字がおかしくなってしまうので、一発で偽造免許証だと解ると言われている。

12番目の数字、この末尾の数字は免許証の再発行回数となっていて、1回再交付した場合は「1」、2回再交付した場合は「0」です。

では残りの5から10番目の数字は、何を表わしているのだろうか。

実はここに個人情報が隠されていて、この数字によって「過去の犯罪履歴が解る」という噂があるのだ。

昔のドラマなどで、刑務所から出てきた人物が就職面接を受けた。

そして免許証を提示した際に面接官がその数字を見た途端「君みたいな人物を雇うことは出来ない」と拒否するシーンがあったそうだ。

噂では交通事故などで免許停止になった後、免停期間が終わり再交付して貰う時にその数字がそこに仕組まれるというのだ。

5、6番目の数字は免許証試験を受けた時の成績が記録されているというのだ。

100点満点を取った人は不正解数「00」で、99点の人は不正解数「01」となっているとされている。

ところで、末尾12番目の交付回数だが、単に免許証を失くしたうっかり者と見るのは早合点である。

世の中には免停になった後も無免許運転して、検問等で提示するために、免許証を2枚持つ目的で再発行する輩もいる。

再発行されていれば、警察はそこを疑うのだ。

本当のところは、公安関係の人しか分からない機密事項となっている。

信じるか信じないかは君次第

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説 , ,