都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

渋谷区に存在する開かないマンホール

   

地域都市伝説 渋谷区に存在する開かないマンホール

さて今回紹介する都市伝説は「渋谷区に存在する開かないマンホール」です。

マンホールの下には、大抵どの国でも下水道が流れている。

時にはガス管や地下鉄が存在している場合も存在する。

アメリカではマンホールの下に落下して、暗闇の中で何年も生きた老婆や、巨大な白いワニがいるという都市伝説もある。

日本にもこの手の話はないこともないのだというのだ。

東京都渋谷区の井の頭通り周辺には、不思議なマンホールがあるというのだ。

このマンホール、場所こそ明らかにされていないが、探せばすぐに見つけることが出来るという。

なぜなら、二度と開かないように隙間をくまなくハンダ付けされているからだ。

流し込まれた鉛によってこのマンホールは封印されているのだ。

マンホール下には使われなくなった古い下水溝があるのだが、そこから物音や声が聞こえるという近隣住民からの苦情をもとに調べてみた。

しかし何も発見できず、住民からの要望でやむを得ず封印したのだという。

現在は、この処置によって誰も入り込むことはできなくなったのだが、それでも時折、マンホールの下からは何かが走るような音と声が漏れてくるときがあるという。

どこか近くのマンホールから内部に入り込み、一切の明かりがない状況で走りまわっている人物でもいるのだろうか。

信じるか信じないかは君次第

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説 , , , ,