都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

当たり付きのアイスの棒

   

当たり付きのアイスの棒

さて今回紹介する都市伝説は「当たり付きのアイスの棒」です。

それはある真夏の夜の事です。

夏の暑い日に少年が100円玉を握り締めて駄菓子屋にアイスを買いにいきました。

少年が買うのはいつも決まって当たりくじ付きの棒アイスです。

その日も当たりが出ることを願ってアイスを買ったのだ。

そしてアイスを食べていくと棒に文字が見えて来たので、やったこれは当たりだ!と思い急いで食べた。

そして棒に書いてある文字を読んで完全に青ざめた。

棒にはただ「死ね」と書いてあったのだ。

そのアイス棒は刑務所で作られており、世間への恨みを抱いた受刑者がアイス棒に呪いの言葉を刻んだものだった。

信じるか信じないかは君次第

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 都市伝説, 食べ物都市伝説 , ,