都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

埼玉では黄色い車にご用心

   

地域都市伝説 埼玉では黄色い車にご用心

さて今回紹介する都市伝説は「埼玉では黄色い車にご用心」です。

深夜、人気のない場所を1人で外を出歩いていると、車の往来と鉢合うだけでも何となくホッとしてしまうものである。

しかし、場合によっては良くない出会いを果たしてしまうことにもなりかねない。

埼玉県の某T町では、深夜の滅多に人が通らないような場所を歩いている。

すると対向車線から黄色い車が走ってきて、自分の横に停車するという都市伝説がある。

この黄色い車は、一説には外車であるともされているが、詳細は不明なのだ。

だが、必ずこの車内には3人の若い女性が乗っているという。

彼女たちは一見非常に快活で、見た目も美人である。

そして「こんなところで1人じゃ危ないよ!」と同乗を勧めてくるという。

かなりしつこく車に乗るようにいってくるのだが、決してこの誘いに乗ってはならないのだ。

もしも根負けしてこの車に乗り込んでしまうと、その人物は命を奪われてしまうというのだ。

どのような手段で殺されるのかは話によってまちまちだが、どうも彼女たちは死人で、そのまま霊界に連れて行かれるということである。

また、断る際の言葉にも注意しなければならない。

「明日にします」など、具体的に時期を指定してしまうのは絶対に駄目なのだ。

その場の難こそ逃れることはできるが、その指定した当日に、やはり死んでしまうとされている。

もしも寂しげな夜道で嬌声の漏れる黄色い車を見かけた時は、決して相手をしてはならない。

黙っていればそのうちに、車は走り去って命拾いをすることができる。

信じるか信じないかは君次第

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説 , ,