都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

中国産うさぎの餌は人間の○○

   

中国産うさぎの餌は人間の○○

さて今回紹介する都市伝説は「中国産うさぎの餌は人間の○○」です。

日本人の食文化の中で、欠かすことのできない重要な立ち位置を占めている、うなぎである。

蒲焼きやひつまぶしなど、その楽しみ方は幾つもあるが、問題なのが国産うなぎが高く、手が出しにくいという点だ。

実は、専用の罠さえ買えば日本中どこであっても好きなだけうなぎを捕獲することは出来るというのだが、最近はそこまでする家庭も減っている。

そして、国産うなぎよりも遥かに割安で手に入りやすいのが、中国産のうなぎである。

身の大きさは国産よりも優れていることも多く、ボリュームだけは勝っている。

その分大味だったりするのだが、うなぎには変わりはない。

しかし中国産うなぎを買う際には、この都市伝説の存在を忘れてはならない。

なんでも現地の養殖場で飼育されているうなぎは、人糞を主な食料として育っているというのだ。

人糞は、古来より日本でも肥料として用いられてきた重要な肥やしである。

当然魚にとっては非常にコストパフォーマンスの高い餌でもある。

そこでかの地の養殖場では、数千匹ものうなぎを養うために、日々人糞が投げ込まれているというのだ。

もちろん、現地でこのうなぎを食べるような者はいない。

実際に養殖場の光景を目にしていれば、間違っても口に入れようとは思えないものだ。

ありがたがって輸入している国など、日本ぐらいのものであることを、努々忘れないようにしたい。

信じるか信じないかは君次第

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 都市伝説, 食べ物都市伝説 , ,