都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

アメリカに存在する入ると二度と出られない寿司屋

   

アメリカに存在する入ると二度と出られない寿司屋

日本文化にかぶれたアメリカ人からすれば、忍者や侍、芸者に天ぷらなど、魅力的に思えるものは沢山ある。

そして、特に日本通が憧れているのが、本場の寿司であるというのだ。

しかし、彼らにとって寿司屋とはなかなか敷居の高いものであるようで、そのせいか、恐ろしい都市伝説も存在するのだ。

なんと、永遠に店を出ることの出来ない、恐怖の寿司屋があるというのだ。

アメリカにあるその店では、どんなにかお勘定を頼もうとしても、その都度様々なネタが握られてきて帰るに帰れないというのだ。

そのために日本人である私たちも戦慄せざるをえない。

ある男性は、そうとも知らずに日本からこの店を訪れ、一通りお腹いっぱいになるまで寿司を堪能した。

そして、いよいよおあいそしようと思い、指でバッテンを作って「マスター、幾ら?」と話しかけた。

すると板前は「へい」と言い、そのまま平然と寿司を握り続ける。 ほどなくして男性の前に、イクラが出された。

男性はこれを平らげ、今度は日本人でも分かる英語で勘定をお願いすることにした。

「マスター、ハウマッチ?」 すると板前は、元気良く「へい」と返し、再び寿司を握りはじめる。

男性が「おいおい早くお会計してくれよ」と思っていた矢先、彼の目の前にはハマチが出されたそうだ。

これ以降、この男性が寿司恐怖症になってしまったことは、言うまでもないのだ。

実に恐ろしい話である。

信じるか信じないかは君次第

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 都市伝説, 食べ物都市伝説 , ,