都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

本当に呪われた映画「ポルターガイスト」

   

映画都市伝説 本当に呪われた映画「ポルターガイスト」

さて今回は紹介する都市伝説は「本当に呪われた映画「ポルターガイスト」」という都市伝説である。

1982年に公開された現代でも人気のホラー映画である「ポルターガイスト」。

今となっては、非常に古典的な方法で撮影されているものの、公開当時は、様々なトリックを駆使して呪われた屋敷の中で巻き起こる怪奇現象が再現されていた。

そして動員した観客の多くを恐怖のどん底に叩き落とした。

そんな本作は、後にナンバリングされた複数の続編が製作されるきっかけになるほど人気となったのだ。

しかしヒットの裏では様々な不幸が撮影スタッフに降りかかっていたという。

撮影では、機材の不調が続出し、キャストにも相当なストレスを与えることとなった。

極めつけは、クランクアップした直後から続出したキャストの不審死である。

映画の中で、一家の長女役を務めたドミニク・ダンは後に交際相手に刺されたのだ。

そして劇中で悪魔祓いのためにバチカンから派遣され、殺害される神父を演じたジュリアン・ベックは病死した。

さらに呪術師役のウィル・サンプソンは、これまでほとんど病気もしたことがなかったほど健康だったにも関わらず、急死を遂げている。

こうした犠牲を払って完成された本作は、話題性のためにキャストの死を大々的に宣伝された。

そして第三作目では「少女の霊に捧ぐ」と亡くなったドミニクに向けた邦題まで冠していた。

欧米の熱心な都市伝説マニアの間では、「ポルターガイスト」の撮影に参加したばかりに、複数の出演者が死んでしまったというのが通説となっている。

信じるか信じないか君次第

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 映画都市伝説, 都市伝説 , , ,