都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

「通りゃんせ」の二番目の歌詞

   

「通りゃんせ」の二番目の歌詞

さて今回紹介する都市伝説は通りゃんせの二番目の歌詞についての都市伝説です。

ちなみに一番目の歌詞は

通りゃんせ 通りゃんせ

ここはどこの 細道じゃ

天神さまの 細道じゃ

ちっと通して 下しゃんせ

御用のないもの 通しゃせぬ

この子の七つの お祝いに

お札を納めに まいります

行きはよいよい 帰りはこわい

こわいながらも 通りゃんせ 通りゃんせ

これが一番の歌詞である。

そして二番目の歌詞はこうだ。

通りゃんせ 通りゃんせ

ここは冥府の細道じゃ

鬼神様の細道じゃ ちっと通して下しゃんせ

贄のないもの通しゃせぬ

この子の七つの弔いに 供養を頼みに参ります

生きはよいよい還りはこわい

こわいながらも 通りゃんせ 通りゃんせ

つまりは 一番目の帰り道、謎の通りゃさんに倒されて逝去した。

そして二番目は 苦行の道の途中の話である。

しかも実は親も逝去しているのだ。

ちなみに通りゃんせの都市伝説は

埋蔵金や神隠しなどの逸話もあり恐ろしい童謡として伝えられている。

とおりゃんせの歌は当時辻斬りが流行ってたから注意を促す意味でこの歌がつくられたという逸話も残っている。

信じるか信じないかは貴方次第

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説 , , ,