都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

かくれんぼ

   

かくれんぼ

さて今回紹介する都市伝説「かくれんぼ」という都市伝説です。

今日も子供達はいつもの裏山を遊び場としていた。

鬼ごっこやボール遊びに飽きると誰かが「かくれんぼをしよう」と言い出した。

普段はかくれんぼなどしなかったので、子供達は面白がってみんな本気になって隠れた。

鬼役の子供が隠れている子を一人見つけ、二人見つけ、そして残るは一人となった。

無口で根暗、存在感のないA君だけが見つからない。

その裏山には深い森が広がっており、真面目に隠れられると鬼一人で見つけることはほぼ不可能である。

山田君は森の奥に隠れたようであった。

子供達は次第に探すのに飽き、日も暮れてきた。そのうち出てくるであろうとA君を残して皆家に帰ってしまった。

その日を境に山田君は行方不明になった。

大人数での捜索にも関わらず発見できずに1年が過ぎ、山田君の存在を皆すっかり忘れてしまったのだ。

そして子供達は相変わらず裏山に集まり、遊びに興じている。その日の遊びはかくれんぼであった。

皆必死で隠れて、鬼は必死で探した。

しかし、中々全員を見つけることが出来ない。

鬼の子供は森の奥へと足を踏み入れて行った。

すると木の根元の穴の中に誰かが隠れているのを発見した。

「見つけた」

と穴を覗き込むとボロボロの服を着て、ガリガリに痩せこけた骸骨のような子供がうずくまっていた。

鬼役の子はびっくりして尻もちをついてしまった。

しかし穴の中の子供に見覚えを感じたのだ。

そうだ1年前に行方不明になった山田君だったのだ。

「やっと見つけてくれたね」

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説 ,