都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

南米コスタリカのサリサリニャーマ悪魔の穴

      2021/02/14

南米コスタリカのサリサリニャーマ悪魔の穴

さて今回紹介する都市伝説はサリサリマーニャ悪魔の穴という都市伝説です。

南米コスタリカには、未だ未開のジャングルが広がっている。

そしてこのジャングルの中に、原住民が「サリサリニャーマ悪魔の穴」と呼んで恐れている窪地があるという。

鬱蒼と植物が生い茂っているジャングルにおいて、この窪地にだけは一切の植物が生えず、蟻一匹いないのだという。

原住民は、ここに近寄ることすらも禁忌にしているのだというのだ。

1959年に、ある地質学者がこの窪地のことを及び聞くと、大変に興味を抱いたのだそうだ。

直ちに数名の助手を率いてコスタリカまで訪れ、サリサリニャーマ悪魔の穴を目指した。

しかし現地のガイドもこの行為には反対したそうで、結局、調査隊だけで窪地に向かったのである。

果たして目的の窪地が見えると、地質学者はこの中に駆け下りていった。

そして窪地の中心に到達した瞬間に、突然絶叫を上げて頭を押さえ込み苦しみだした。

慌てて助手らが学者を窪地から引き上げたのだが、時既に遅く、その学者はとっくに事切れていたのだという。

彼の遺体はそのまま本国に送還され、解剖されることとなった。

死因は不明だったが、不思議なことに彼の聴覚組織は多大なる損傷を受けていたことが分かっている。

この悪魔の穴は、現在グーグルアースでも確認できるという。

信じるか信じないかは貴方次第

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 世界の都市伝説, 都市伝説 , , , ,