都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 神奈川県に存在する幻の釣り場

   

地域都市伝説 神奈川県に存在する幻の釣り場

さて今回紹介する都市伝説は神奈川県に存在する幻の釣り場についてです。

一般に釣り人が多く訪れる海ではそこに魚は人間が仕掛ける釣りにスレきってしまい釣るのが難しくなるのだ。

その一方、誰も釣り糸を垂れない離島や無人島は針を落とした瞬間に魚が釣れる。

自然が色濃く残る島では人が入らない海もあるだろうが、都会の海はどこにいっても人が居て、肩身を窄めて釣り糸を垂れているのだ。

しかし、例外的に都会の爆釣スポットは存在するのだ。

それは神奈川県のとある工業地帯の中である。

そこは社員しか立ち入ることが企業専用埠頭であるのだ。

そこは魚にとって安楽の地なのか、埠頭から海を覗き込むと大きな魚が悠々と泳いでいる姿を確認できる。

しかも、人を恐れる様子もなく悠々と泳いでいるのだ。

ここなら馬鹿でも釣れるということで、釣り好きな社員から釣りの初心者社員までこっそり釣りを楽しんでいるのだという。

そこは社員カードさえあれば入ることができるこのエリア、知り合いからカードを借りて、釣り目的でこっそり埠頭に潜り込む人間も存在する。

人が入らない「立ち入り禁止」の地域はよく釣れるのだ。

その一方で、立ち入り禁止の埠頭に無断で侵入した釣り人が痛い目に遭ったという話も存在する。

船舶・荷揚げ屋関係にはその筋の人たちが多く、釣り人があまり行き過ぎた行動をとると非常に痛い目にあう。

無論そこは「立ち入り禁止」地域である。

助けを求めても善良な一般市民は通り掛からない。

信じるか信じないかは貴方次第

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説