都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 岩手県の旅館に現れる預言者

   

岩手県の旅館に現れる預言者

さて今回紹介する都市伝説は

岩手県の旅館に現れる預言者についてです。

古来より人々は、神々の託宣や預言者の言葉に強く影響を受けてきた。

流石に現在は、それほど影響力はなくなってしまった。

しかしそれでも日本では、イタコなどの需要がなくなることはない。

その真贋はさておき、やはり私たちは神仏によって何か行動の指針を示してもらいたいという欲求が捨て切れないのかも知れない。

さて、岩手県の一関にある旅館には、ちょっと変わった預言者が住んでいるという都市伝説が存在するのだ。

この預言者、旅館の従業員たちの前でさえ、ほとんど姿を見せることがない。

生きているのか、それとも幽霊なのかも定かではない。

噂では、気に入った宿泊客の前だけに現れては、相手の身に間近に迫った出来事についての預言をしてくるということだ。

現れる際の年齢や服装、時間帯はまちまちであるものの、ほぼ十中八九少女の姿をしているとされているのだ。

また、この預言者は古風な話し方をするのが特徴で、良いことも悪いことも包み隠さずに教えてくれるのだ。

運よくこの少女と遭遇し、何かを告げられた者は、その時点では預言を授けられたことに深く感謝の気持ちを抱くのだ。

ところが今に至るまで、確かにこの少女と遭遇して何かを告げられたという記憶を持ちながら、肝心の預言の内容を覚えていられた人物はいないということだ。

果たして、この預言者はどんな重要なことを伝えに現れているのだろうか。

預言の内容が気になるところである。

信じるか信じないかは

貴方次第

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説