都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

世界の都市伝説 テキサス州で目撃されているUMAジャッカロープ

   

世界の都市伝説 テキサス州で目撃されているUMAジャッカロープ

さて今回紹介する都市伝説は

アメリカのテキサス州で、開拓時代から目撃情報が相次いでいるUMAジャッカロープについてです。

この動物は、見た目は普通のうさぎそっくりと言われている。

しかしよくよく観察してみるとその額には鹿のような角が生えているのだ。

そして非常に敏捷で、中々捕まえることは出来ない。

しかもジャッカロープはただの獣というわけではないのだ。

何と人語を解し、自らも言葉を話すことが出来るのだというのだ。

ジャッカロープを発見して捕まえようとしていた青年は、追跡中にこの獣が時折振り向いては、「離れろ!来るな!」と叫ぶ姿を目撃しているのだ。

また、時には酒を飲むために人里に下りては、素早く酒樽の貯蔵庫に忍び込み、浴びるほど酒を飲むこともあるのだそうだ。

一度、酩酊したジャッカロープが人間に発見され、檻に入れて飼育されたことらしいのだ。

そしてこの時もしきりに「出してください逃してください」と叫んでいたと言われている。

ちなみに、ジャッカロープのメスの出すミルクは大変美味で、万病に効く霊薬と言われている。

また、その肉はうさぎのような味はせず、淡白でイセエビに似ていると言われているのだ。

ある村人が、捕獲されたジャッカロープを逃がしたのだが、のちにその村人に、果実を目いっぱい持参してお礼に訪れたのだという。

日本の狸や狐と似たような存在なのかも知れない。

ちなみに現在出回っているジャッカロープの写真は、そのほとんどが偽物画像らしい。

信じるか信じないかは

貴方次第

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 世界の都市伝説, 都市伝説