都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

世界の都市伝説 消えた北朝鮮の弾道ミサイル

      2020/09/23

世界の都市伝説 消えた北朝鮮の弾道ミサイル

ノドンと並んで有名な、北朝鮮が保有する弾道ミサイルがテポドンである。

いうまでもなくアジアの脅威である北朝鮮には、様々な都市伝説が存在する。

特に金日成と金正日政権下では、半ば投げやり気味に考えたのではないかとしか思えないような逸話も多く誕生した。

金親子が日本海に向けて睨みを利かせたら、日本の要人が体調を崩したなどはその代表例である。

そんな北朝鮮の、テポドンについての都市伝説である。

2006年7月4日のことだ。

北朝鮮は日本海に向けて10発のミサイルを発射したとの声明を出した。

実際に6発は日本側も発射を確認しており、これらは全て洋上に着弾することとなった。

では残り4発はどこに消えてしまっただろうか。

現在ではそれらは不発だったと考えられている。

しかし一方でアメリカの所有する衛星は、7発目のミサイル発射を確認していたというのであるのだ。

この7発目のミサイルは、なんと途中で突然信号が途絶したのだ。

着弾した様子も、落下した様子もなく、ロストしてしまったというのだ。

今に至るまで、幻の7発目のテポドンがどうなってしまったのかは、誰にも分かっていないである。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 世界の都市伝説, 都市伝説