都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

中国最後の秘境 崑崙

   

中国最後の秘境 崑崙

さて今回紹介するのはアジア最大の国土を誇る国、中華人民共和国の都市伝説である。

この国には実に様々な民族が、何千年という歴史の中で生活してきたものである。

そんな中国の地図が、実は一部未調査のままの場所が存在する。

これは、故意にそうしたのではなく、本当に詳細な地形が定かではない地域があるからなのだ。

なんでもその近辺は、非常に踏破が難しい高山地帯であり、いつも雲に覆われているというのだ。

そのため衛星写真からでは判別もできないのだという。

1970年代に事件は起きた。

この未踏破地帯に研究チームが挑むことになったのだ。

この場所さえ地図にできれば、本当の意味で中国全土の地図が完成すると言われていた。

しかし、人間の足では何年掛かっても一帯の地形の把握などは不可能と言われていた。

そこで小型飛行機から空撮で調査を行うことにしたというのだ。

そして厚い雲を抜けては入り、順調に調査を進めていくチーム。

そんなとき、突然雲の中に今まで見たこともないような巨大な山を発見したのだ。

高度を測るべく飛び越えようとするのだが、これがいつまで経っても頂きを見せることがないのだ。

最終的に飛行機の高度が8000メートルを越えた時点で、飛行機からの連絡は途絶えたというのだ。

そしてそれまで撮影されていたフィルムと共に行方不明になったという。

これが中華人民共和国の伝説の山 崑崙であると言われているのだ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 世界の都市伝説, 都市伝説