都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

食べ物都市伝説 うなぎの旬は夏ではない

   

食べ物都市伝説 うなぎの旬は夏ではない

さて夏の土用の丑の日にうなぎを食べるのが日本の風習だ。

しかし実はうなぎの旬は夏ではないのだ。

初冬の天然のうなぎが一番美味しいのです。

これは素人舌 「間違いなく冬のうなぎが旬だ!」 と驚愕ほどに味の差がはっきりと分かるのだ。

夏のうなぎと 冬の旬のうなぎを食べ比べした場合、 夏のうなぎは「不味い」とハッキリ認識できるのだ。

どんな舌でも分かるのだ。

それほどに差がある。

日本には土用の丑の日のような日本の習慣があるのか?

それにはこんな理由があります。

土用の丑の日の由来として 江戸時代には現在のような養殖という技術はなかったので、天然のうなぎを食べることが当たり前でした。

うなぎを売っている店は現在と同じようにあったのですが、ある夏の日に売れ行きが悪かったのです。

そこで、そのうなぎ屋が平賀源内にどうすれば売れるかと相談しました。

すると玄関に「土用の丑の日」と書いて貼るように言われたとのことです。

そうしたところ、一気にうなぎの売れ行きがよくなりました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 都市伝説, 食べ物都市伝説