都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

生き物都市伝説 毒を持つ生物は3タイプ存在する。

      2020/05/19

生き物都市伝説 毒を持つ生物は3タイプ存在する。

毒を持つ生物は例外は除いて大きく3タイプ存在すると言われている。

 

その1 身を守るために毒を持つ生物

その2 補食する対象生物の動きを封じるために持つ毒 倒すための毒

その3 己の力を誇示するためだけに持つ毒

そして3は猛毒タイプが多いのだ。

そして生きるための毒所持ではないのだ。

これは相手を毒を殺す事に快楽を感じていて自分の毒で相手が力尽きるのを喜んでるのだ。

そして「どうだ俺は凄いだろ」 という感じである。

つまりは無駄な殺生を楽しんでいるのだ。

ちなみにその3でかなり悪質ないきものはタコの一種のヒョウモンダコである。

ヒョウモンダコは小型だが歯に猛毒のテトロドトキシンを持つ危険なタコだ。

これはフグ毒と同じで非常に危険な毒性を持つ毒である。

潮溜まりなどで見つけても決して触ってはいけないのだ。

スポンサードリンク

created by Rinker
ティーエスティーアドバンス(TST ADVANCE)

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 生き物都市伝説, 都市伝説