都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

定番都市伝説 消費者金融会社のブラックリスト

   

定番都市伝説 消費者金融会社のブラックリスト

さて

さて

さて

今回紹介する都市伝説はブラックリストについてです。

ブラックリストとは

消費者金融や銀行などの金融機関では、お金を貸す際には、その人に返済能力があるのか信用力があるかどうかを審査します。

この時に相手に返せますかと聞けば当然、返せますと言われてしまいます。

そのために信用情報を調査することで返済能力があるかどうかを審査しています。

信用情報は信用情報機関に問い合わせることで確認でき、氏名、住所、借入金額、返済状況などの情報が含まれています。

この返済状況には「返済できなかった」という事故情報も登録されます。

つまり、過去に返済を滞納したことがあったり、債務整理をしたなど、当初の予定通りに返済がされなかった時に登録される情報です。

これが俗にいうブラックリストと呼ばれています。

普通ブラックリストは10年ぐらいでリストから完全に消えると言われている。

注意として借りた場所は個人の会社が情報残してるから永久に残ると言われています。

しかし 借金の借り逃げは永久にブラックリストとして残る

借金を踏み倒し逃げきって時効だからといって ブラックリストは消えるわけではないのです。

そういった借り逃げした物の情報は永久に残ります。

そのためにどんな審査の甘い街金でも貸してくれません。

「ブラックでもOK」

は借金踏み倒しは該当しない

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説