都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 ミステリーゾーン飯山満

      2020/04/15

地域都市伝説 ミステリーゾーン飯山満

市川から習志野間のミステリーゾーン飯山満(はさま)を知っているだろうか?。

次元の「狭間」という意味でつけられたというのだ。

それはさておき、昔あそこで話題になってた話をしよう。

知ってる人もいるかもしれんな。飯山満駅を降りると山があるが、山に向かって歩き続けるのだ。

そうすると、こんな場所になぜ?というほど広大な田園があるのだ。

そこは平成9年まで工場があった。

だがその工場は設立当初から原因不明の火災がよく発生していたのだ。

また工員の何人かの衣服が作業中に突然発火するという奇妙な現象が発生したのだ。

これはテレビにも出て特集された。

そして問題の平成9年の事件がおきた。

工員5人が同時に発狂し、内3名が死亡するという事件が起きたのだ。

千葉大の医師が、その死んだ工員の脳を解剖するとなんと低温火傷のようにただれていたというのだ。

もちろん内蔵にも同様の現象が発生しており、他の工員にも同じ現象が認められたのだ。

学者を含め原因調査した結果、恐るべき事実が発生したのだ。

なんとこの周辺には最大2Ghzのマイクロ波が50mWも検出されたというのだ。

これは電波干渉が生み出した偶然の一致であったのだ。

つまり、この一帯は弱い電子レンジのような状態だったのだ。

こうしていわくつきの工場は解体されたのだ。

こうした現象が注目され、平成10年を境に特に都心では対策が進んだ。

ちなみに今は安全と言われているのだ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 都市伝説