都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

定番都市伝説 豆まきの由来

   

定番都市伝説 豆まきの由来

さて今回紹介する都市伝説は

豆まきの由来についてです。

平安時代にも豆まきは行われていました。

しかし豆ではなく弓矢を用いての行事だったらしいのだ。

年の変わり目には鬼や悪霊などが出てきやすいと考えられていた昔、それを追い払う儀式として、平安時代の宮中では、大晦日に「追儺(ついな)」と言われる行事が行われていたのだ。

この追儺とは、陰陽の力でオトリ役の奴隷に悪災や邪念を憑依させるのだ。

そして、邪気を纏った奴隷を貴族たちが弓矢で射ぬいて確実に仕留めるのだ。

奴隷も必死に逃げないと効果はないとされていたのだ。

今現在の豆まきは本当はこうした方が確実である。

部屋で3人以上で行う

一人は鬼の面を被り、パンツ一丁で鬼役する。

そしてなるべく鬼らしい行動をする ガーとか叫ぶとか

そして二人~はその鬼役を親の敵のごとく全力投球で豆をぶつけまくるのだ。

そして鬼役は必死で外に逃げるのである。

すると邪念は祓われると言われている。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説