都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

佐賀県唐津市鎮西町の加唐島には犬が一匹もいない

      2020/04/14

佐賀県唐津市鎮西町の加唐島には犬が一匹もいない

佐賀県唐津市鎮西町の加唐(かから)島には犬が一匹もいない犬は飼ってはいけない掟が昔からあるのだ。

現在は観光客が犬を連れてくることに関しては関与らしく問題はない。

しかし島の住民が、犬を内緒とかで飼った場合もし見つかったら、その犬は確実に処分されてしまうのだ。

掟を軽んじてた人がその島に移り住み、犬を放し飼いしていた。

しかし島の住民が、肉を島中にばらまき犬を誘き寄せ、捕まえ八つ裂きにしたと言われている。

ちなみに何故犬を飼育してはいけないのかという由来は謎と言われている。

これは噂であるが

「供え物を犬が食べた」

「馬に乗った神主の脚を犬がかんだ」

「犬が神主におしっこをかけた」

「犬が神殿の柱をかじった」。

微妙に異なるが、いずれも島の南端にある「八坂神社」にまつわる話である。

しかし真相は闇の中である。

ちなみに猫は問題なく猫は300匹以上いると言われています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説