都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

生き物都市伝説 寄生虫の不思議な生態

   

生き物都市伝説 寄生虫の不思議な生態

寄生虫の不思議な生態

寄生虫は 終宿主(共存) 中間宿主(利用) の2タイプが、地球の寄生虫と言われている。

生物を操るために寄生する虫等のタイプは、 実は地球外生命体なのである。

つまり、宇宙虫という存在なのだ。

そして地球寄生虫は、 宿主には死んでほしくないから、実は色々と協力してるのだ。

人間にも共存タイプの寄生虫は存在したが、 日本では、食の安全対策の徹底で消えてしまったのだ。

一例をあげると、 サナダムシは人間を終宿主としていたのだ。

このサナダムシは、実は害が無いどころか、 凄い利益をもたらしてくれる寄生虫なのだ。

今現在でも「サナダムシ健康&ダイエット」として、わざとサナダムシの卵を飲み込む人もいるぐらいだ。

ただし サナダムシと言っても色々な種類が存在し、人間を終宿主にしないタイプを間違えて飲み込むと大変危険な存在化するのだ。

終宿主や中間宿主がそれとしない生物に寄生してしまうと暴走して、その生物を殺すタイプに変わるのだ。

中には姿形を変えるタイプも存在する。

そして何故攻撃的になるかと言うと、寄生虫の遺伝子にある命令が下るからだ 「この種を食い殺せ」 と

一例として血栓虫なんかは、カタツムリの宿主だが 人間に寄生すると、特性とタイプがガラリと変わり攻撃的になるのだ。

ちなみに花粉症になるようになったのは人から終宿主寄生虫が消えたから起こった現象と言われているのだ。

これは、都市伝説の類ではなく 何人かの生物学者がら論文を出して発表してるのだ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 生き物都市伝説, 都市伝説