都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

定番都市伝説 桜の本来の花言葉

   

定番都市伝説 桜の本来の花言葉

実は、今現在の桜は600種類程存在し、花言葉も沢山存在します。

花言葉に関しては右に並ぶものはいないほど数多く存在するのだ。

ちなみに桜自体の花言葉は

「優れた美人」

「純潔」

「精神美」

「淡泊」

有名所の桜の花言葉は

八重桜 「豊かな教養 善良な教育 しとやか 理知に富んだ教育」

染井吉野「高貴 清純 精神愛 優れた美人」

山桜「純潔 高尚 淡白 美麗」

しだれ桜「優美 「純潔」「精神美」「淡泊」ごまかし」

しかし実はこの花言葉は戦後に改名された花言葉であり。

実はこの他にも花言葉は存在するのだ。

そして闇に消えた呪われた花言葉や、不吉な暗示を連想させる花言葉も存在するのだ。

何故改名されたり闇に消されたかはまさに闇に包まれているのだ。

「教育上によくない」

「子供に悪影響を及ぼすため」

と言われてるが真実かハッキリとしないのだ。

ちなみに闇に消された桜の花言葉の一部である。

「鮮血」

「お迎え」

「刺し違え」

「あの世」

「血吹雪」

「儚い命」

「血ドクロ」

「死体の山が埋まってる」

等々まだまだ存在するのだ。

そしてなんと知ると呪われてしまう危険な花言葉も存在すると言われているのだ。

桜は華やかなイメージ思えるが、実は昔は不吉なイメージを連想させていた。

だから桜の花を咲かせる時期は皆不安な気分になったと言われている。

それが何故花見シーズンとか良いイメージになったかというとこれは、ある裏政府の陰謀計画によるものらしいのだ。

信じるか信じないかはあなた次第。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説