都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

世界の都市伝説 吸血鬼は実は日光に弱くない

   

世界の都市伝説 吸血鬼は実は日光に弱くない

もともと吸血鬼は日光で灰になることは無かった。

夜行性ではあるものの、ドラキュラ伯爵もカーミラも、昼間に出歩くことが出来るのだ。

但し、苦手ではあるようで、日光の元ではその力を充分に発揮することが出来ないと言われているのだ。

吸血鬼が日光で燃え尽きるという演出を最初に行ったのは1922年のノスフェラトウからなのだ。

以後の映画ではこの演出が頻繁に使われるようになり、一般化したと言われている。

今ではほとんどの吸血鬼が程度の差こそ有れ、日光を弱点としているのだ。

そのせいか、彼等の中には日光を再び拝むことに、強い憧憬を持つものもいる。

不老不死と強大な力を持ちつつも、ただ、太陽を見ることに憧れを抱くその姿に、吸血鬼の悲哀を感じる。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 世界の都市伝説, 都市伝説