都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

コロナウイルスは人工的に作られた可能性があるとの噂

      2022/08/11

コロナウイルスは人工的に作られた可能性があるとの噂

さて今世界的に猛威を振るうコロナウイルスですが

人工的に作られた可能性があるという噂があります。

実は以前からアメリカのホワイトハウスが新型コロナウイルスは人工的に作られた生物兵器である証拠を把握していたというのだ。

そしてトランプ大統領の圧力で一ヶ月後に、中国政府が自白して世界に謝罪すると言われている。

コロナウイルス最初の感染者は、中国科学院武漢ウイルス研究所の黄燕玲という噂です。

中国科学院武漢ウイルス研究所は、彼女は、健康だと否定しています。

この問題は、彼女を公衆の面前に出せば、解決できるのに、なぜしないのでしょう?

ちなみに2018年の時点で中国科学院武漢ウイルス研究所は生物兵器実験室だとフランス当局は中国政府に抗議しています。

そしてこのウイルスを予言していた小説が存在した。

米国有名な小説家ディーン レイ クーンツ氏による1981年に発表された闇の目という小説だ。

この小説には「武漢400」というウイルスが登場するのだ。

現在、武漢から蔓延した新型コロナウイルスによる肺炎と驚くほどに類似しているのである。

また、ウイルスの出所に関する描写は驚くほど現実と酷似しているのだ。

この小説はディーン レイ クーンツ氏早期に発表された小説だ。

ストーリーはある母親が、息子ダニーが生きている手がかりを探すという内容である。

武漢肺炎が中国で全面的に広がる現状に対し、この小説の読者たちはショックを受けた。

例えば、小説の182ページには、このような文言がある。

「今、私が知りたいのは、どうしてダニーがこんなところにいるの?」

「それを理解するには」ドームベー氏は答えた。「20が月ほど前に遡る必要がある。その頃、李晨という中国人科学者が米国に亡命した。

彼は中国数十年以来最も重要で危険な新型生物兵器の情報を保存しているディスクを持ち出したのだ。

それは武漢400と呼ばれている。

なぜかというと、それは武漢の郊外にあるRDNA実験室で開発されたものなのだ。

それは当該研究センターが創造した500個目の完璧な人工ウイルスだ。」

当該小説ではウイルスが武漢近郊で作られ、「武漢」と命名されるまでのエピソードが存在するのだ。

「武漢肺炎」が感染拡大している2020年の現在において、この作品はまさに偶然過ぎるとしか言えないだろう。

ちなみに人造ウイルスは、中国共産党政府が反対者を絶滅させる用途に開発されたものとして表現されているのだ。

ワクチンも治療薬もない、無数の政治犯の体で試験された「完璧な武器」と設定されたのだ。

人がそのウイルスを接触すると、僅か4時間で伝染性宿主になってしまう。

ちなみに実際のコロナウイルスは老人に対して危険性が高い

これは老人に対して開発されたウイルスではないかという噂が広まっているのだ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - まとめ, コロナウイルスについてのまとめ ,