都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

テレビ都市伝説 この物語はフィクションであり、登場人物、団体は架空です

   

テレビ都市伝説 この物語はフィクションであり、登場人物、団体は架空です

よくテレビドラマ、特撮、アニメなどの作品で流れるテロップとして

「この物語はフィクションであり、登場人物、団体は架空です」というテロップを思い浮かべてください。

実はこのテロップが流れるようになった背景には、ある怪事件が絡んでいるのです。

このテロップが最初にテレビに登場したのは、放送当時子供に人気があり今でもカルト的な人気を持っていた。

超人バロム1という特撮番組だったようです。

「超人バロム1」とは悪の組織ドルゲが送り込んでくるドルゲ怪人をバロム1が倒すという内容でした。

しかしある日、制作会社に八王子で開業医をやっているドイツ人という人から抗議の手紙があったと言います。

その内容は「私の名はドルゲという名前なのだが、バロム1が学校ではやり、子供がいじめらているから何とかならないものか」

というものでした。

そしてこれがきっかけで放送局が「実在する人物とは一切関係ありません」というテロップを入れるようになりました。

それが後に各局に広がっていったらしいのです。

しかしこの件から数年後、この出来事についてテレビ局が取材をしました。

しかしいくら探してもドルゲというドイツ人は見つからなかったと言います。

その時期に日本で開業医のをしていた、八王子に住民登録してる外国人の中にも「ドルゲ」という人はいないのだ。

つまり、もともとが嘘の通報から生まれたテロップだったのである。

大元になったドルゲと名乗る謎の人物の正体は闇の中である。

そもそも、ドイツ人でドルゲという名前はあまり無いそうです。

これは現在では、ドルゲ事件と呼ばれ、嘘からできた放送業界のルールとして都市伝説界隈で語られております。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - テレビ都市伝説, 都市伝説