都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

人体都市伝説 突発性難聴にかかったときは早急に病院に!

   

人体都市伝説 突発性難聴にかかったときは早急に病院に!

突発性難はどれだけ早く治療できるのかが鍵がかかっているのだ。

「自然に治るだろう」と病院に行かず、 ほっといて二週間過ぎたら永遠に治らない怖い病気だ。

徐々に聴力を失っていく恐怖を味わい、やがて世界は沈黙するのだ。

それから、どちらかの耳が発症したら十中八九両耳とも聴力を失っていくと思って良いのだ。

逆に3日ぐらいで異変に気づいて病院に行けば治る、出来れば2日以内が推奨だ。

ギリギリ13日目かな その日から入院を余儀なくされる。

ステロイド点滴と服薬治療で一週間ほどで退院できるのだ。

一週間の治療でまるで耳栓が取れたかのように耳は聴力を取り戻すのだ。

頭がぼーっとした感じになり、 耳に水が入ってるような違和感がし、寝てもその症状がよくならなかったら病院に直行した方が良い

治療が早い方が良い理由 手後れになると聴力が固定されてしまうからだ

一度固定されてしまうと治療の効果は期待できない

つまりこれを見て 「実は治る病気だったのか」 と後悔しても遅い

突発性難聴だと思ったら早急に病院にいきましょう。

これは都市伝説ではなく事実です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 人体都市伝説, 都市伝説