都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

生き物都市伝説 ベーリング海のカニ漁は危険

   

生き物都市伝説 ベーリング海のカニ漁は危険

ベーリング海のカニ漁はかなり危険である。

並みの体力では到底無理だが、約40日の漁で1500万円稼げると言われている。

極寒の深海で育ったズワイガニは高値で取引されるらしいのだ。

そして漁場は北極圏に近いアラスカ沖にあるベーリング海である。

そして極寒の海で40日間生活することになるのだ。

気温は常に-10度~-20度である。

そして風速40メートルの強風が船に吹き付け、 高さ10メートル波が船を襲い船体は大きく揺れるのだ。

その船にかかった波が一瞬で凍り付くのだ。

それがめちゃめちゃ重くなるのだ。

なので、その氷を削って取り出す作業もけして怠ることは絶対できないのだ。

何故なら、重さで船が転覆するからだ。

船から落ちると必ず命を落とすから皆命懸けだ。

普通に落ちる人がいて、落ちたら誰も助けようとしないのだ。

そして1日の睡眠時間が平均3時間する。

しかも1時間の仮眠が三回なのだ。

あまりにも過酷な環境のため命を落とす人が続出した。

船の乗組員が全滅した事例もある。

カニ漁は危険だ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 生き物都市伝説, 都市伝説