都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

アニメ都市伝説 本当は怖いクレヨンしんちゃんの裏設定

      2020/01/08

アニメ都市伝説 本当は怖いクレヨンしんちゃんの裏設定

さて今回紹介するのは超人気アニメクレヨンしんちゃんの都市伝説です。

もともとクレヨンしんちゃんに出てくるしんのすけはすでに交通事故で亡くなっていたのです。

そして実は作中の話は しんのすけの生前の思い出を母であるみさえがクレヨンで描いていたという話なのです。

この都市伝説はサザエさんの航空機事故で一家全滅ラスト。

ドラえもんは、事故で植物人間となったのび太の頭の中の妄想の話だったラストなどと並び有名な話です。

もちろんドラえもんやサザエさんの最終回は単なるデマなのです。

しかし実はクレヨンしんちゃんの最終回には元となった話が存在しております。

それはもともと作者の臼井儀人先生が考えていた漫画の初期プロットなのです。

しんちゃんの掲載雑誌は大人向け雑誌だったのです。

見た目が子供向けのギャグ漫画の中にもブラックジョークを入れた作品にしようと初期設定を考えていました。

そしてしんのすけは交通事故で正距

母みさえはしんのすけを失ったショックで精神を病んで、しんのすけの幻覚を見るようになった。

父ヒロシは元々は女で、精神を病んだみさえを守るために性転換で男になり、みさえと結婚した。

しんのすけの本来の父親は不明。

という感じで、まさに都市伝説にあるような最初はギャグ漫画でした。

しかしラストには真相がわかって 悲しい話であった事があきらかになるというような初期設定だったようです。

しかしこれではあまりにも救いがないということで現在のおバカギャグ漫画の設定の方を採用されました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - アニメの都市伝説, 都市伝説