都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

歴史都市伝説 明智光秀生存説

   

歴史都市伝説 明智光秀生存説

今回紹介するのは明智光秀が生存していたという都市伝説です。

史実では本能寺の変で信長を討った後、秀吉との天下分け目の合戦に敗れてました。

そして落ち延びる途中で落ち武者狩りに遭って逝去されたと言われている。

しかし「実は生き延びていて、天海と名を変えて家康に仕え、江戸幕府の成立に貢献して100歳以上まで生きた」

というのが生存説の中では一般的である。

テレビ番組の企画で光秀と天海の筆跡比較が行われたことが2度ほどありました。

そして2度とも「光秀と天海の筆跡には類似性がある」という結果が出ていたのだ。

しかしただし家康側が光秀の顔を知らなかったとは思えず、年齢もおかしなことになる。

明確な出所も明治時代の作家と見なされていて俗説に過ぎないとされている。

別パターンとして「天海ではなく千利休と同一人物」という説も存在する。

そして歴史の表舞台に登場せず一介の隠者として余生を送ったという説もある。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 歴史の都市伝説, 都市伝説