都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 ぽとりと落ちた耳

   

地域都市伝説 ぽとりと落ちた耳

今回紹介するのは北海道での都市伝説です。

冬の北海道は気温が氷点下まで下がります。

そのため北海道に住む人にとって防寒具は必需品なのです。

北海道に住むとある小学生が学校へ行くために家を出ました。

この子供はいつもは完全防寒で家をでるのであるが、その日はたまたま耳当てだけ忘れてしまったらしいのです。

この小学生は耳が冷たいのを通り越して痛みを感じていました。

ほどなくして寒さに慣れたためか、学校に到着する頃になると彼の耳は全く冷たさを感じなくなっていました。

そして学校に付いて感覚のない耳をほぐそうと耳に触れたところぽとっと何かが床に落ちていったのです。

それを見ていた周りの同級生たちは悲鳴をあげている。

この小学生の耳は登校中の寒さで凍り付き、彼の頭から取れてしまっていたのだ。

ひいいいい

怖い

怖いですね。

今年の冬はかなり寒くなるみたいなので皆さんも気をつけてくださいね

防寒対策をしっかりとしましょう。

頑張るぞ!

おお!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説