都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 山口県最恐の心霊スポット7つの家

   

地域都市伝説 山口県最恐の心霊スポット7つの家

90年代後半から2000年代前半にかけて心霊系サイトなどで取り上げられた『七つの家』をご存知だろうか?

山口県光市の山奥に家が七軒しかない村があり、その内の一軒の家に三人の家族が住んでいました。

ある日、夫婦は他愛もないことで口論になり、夫は妻を逝去させてしまいました。

そして、その遺体を庭に埋めてしまったのです。

そして数日も経たないうちに夫は、ノイローゼになってしまい、娘だけでなく村の人全員を逝去させてしまったのだ。

そして以降この七つの家には誰も住む者がいなくなり、現在では心霊スポットとして残っているとの事です。

ちなみにこの場所は実際に存在しております。

中国地方では有名な話で、大学生が興味半分で肝試しに行って村人の霊に襲われるなどの怪談も多数あります。

では実際の所七つの家が本物の心霊スポットなのかというと実の所この放置された七つの家ではそのような事件は全くありません。

ここはバブル全盛期に全十棟の住宅地として平成二年に完成する予定でした。

そして十棟のうち六棟はすでに完成し、そのうちの二棟は売れて人も住んでいたのです。

しかし七棟目を建築中に住宅地を開発していた会社が倒産してしまいました。

そして売れた二棟に住んでいる人達もあまり立地条件のよい場所ではなかったので

せっかく手に入れたマイホームを手放して他の場所に引越していきました。

すでに完成していた残りの四棟と建設中のまま放置された7つ目の家です。

そして倒産時には抵当に入っていたために、買い手も売り手も決まらない中途半端な状態になり、最終的には廃墟状態になってしまったという事です。

ちなみにここは今では単なるきもだめしのスポットとなっていて放置された家は落書きだらけです。

おまけに中で火遊びをしていた連中の不始末で何軒かはすでに焼けてしまってるそうです。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説