都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

定番都市伝説 イルカの足

   

定番都市伝説 イルカの足

今回は定番都市伝説イルカの足を紹介しちゃいます。

イルカの足という言葉を20歳まで覚えていてはいけないのだ。

なぜならこの言葉を20歳まで覚えていると、20歳の誕生日に突然電話がかかってきて「イルカの足、いるか?」と聞かれます。

もしもその問いに対して「はい」などと答えてしまうと両足をもがれてしまうからである。

これが過去に局地的に流行したイルカの足の都市伝説である。

ここからが解説、これは

有名な紫色の鏡

テケテケ

カシマさん

などの相手の問いかけの答えを間違えると足や体の一部を取られるという定番の怪談をミックスさせた創作の怪談都市伝説です。

イルカの足とはどういう意味か説明します。

つまりこれは「いるか?の足」という意味であって「足、いるか?」

という問い合わせに対して「はい、いります」と答えると理不尽に足を取っていきます。

つまりテケテケやキジマさんの問いかけとまったく同じ物ですね。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説