都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

テレビ都市伝説 東京フレンドパークと神田正輝のトラブル

   

テレビ都市伝説 東京フレンドパークと神田正輝のトラブル

かつて東京フレンドパークⅡという人気バラエティ番組が存在しました。

このテレビ放送はTBS系で1994年4月11日~2011年3月28日まで約17年間放送された長寿番組です。

そして今回は有名な東京フレンドパークに出演した際の神田正輝の都市伝説についてご紹介いたします。

東京フレンドパークは、毎回異なるタレントやスポーツ選手、有名人などがゲストに登場します。

この番組は様々なゲームやアトラクションに挑戦し、番組最後にダーツと交換し、様々な商品を持ち帰るという番組内容です。

ある時に神田正輝さんが、この番組にゲスト出演しました。

そして最初のアトラクションであるウォールクラッシュにチャレンジしたのです。

これはジャンプ台からジャンプして、正面の壁に張り付き、 その高さに応じて得点が入るゲームです。

なんとこのウォールクラッシュに挑戦した際に自分の体だけでなくカツラまでもが、壁に張り付いてしまったのです。

降りた際に壁に張り付くカツラに気がつき激怒しました。

そしてそこで番組は一旦収録中止になり、騒然としている会場のお客さんにスタッフが緘口令を敷いたのです。

そしてお客さんを総入れ替えして再度収録するというハプニングがあったのだというのだ。

この話はインターネット上では本当にあった話として語られておりますが、 実はこの都市伝説はガセです。

そもそも神田正輝さんが東京フレンドパークにゲストで出演した事実はないようです。

ただし神田正輝さんがカツラを愛用している疑惑の方は どうやら本当らしいです。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - テレビ都市伝説, 都市伝説