都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

世界の都市伝説 韓国の都市伝説タルギャル鬼神

   

世界の都市伝説 韓国の都市伝説タルギャル鬼神

 

今回紹介する都市伝説は韓国の都市伝説でタルギャル鬼神というお話です。

このタルギャル鬼神とはハングルではタルギャル(달걀)、日本では玉子のことでつまり卵鬼神という意味なのだ。

これだけ聞くとあまり怖くはありません。

この都市伝説は大きく分けるとだいたい2通りあるらしいのだ。

まず学校のトイレの一番奥の個室に入っていると、何者かがトイレに入ってきて一番離れているトイレの扉をノックする。

中に誰もいないことがわかると「誰もいない」とポツリとつぶやき隣の扉を同じようにノックするのだ。

そしてまた「誰もいない」とつぶやくのだ。

だんだんと自分の入っているトイレに近づいてきて、ついに自分の入っているトイレの前までやってくるのだ。

そして生徒は一体誰がやってきたのだろうと思って、ドアの下の隙間からそっと覗いてみる。

すると外から「あっ、誰かいる」という声がする。

隙間を通して生徒とその謎の人物との目があうと、生徒は恐怖のあまり気絶してしまった。

このトイレをノックする不気味な物は人間ではないのである。

体全体が玉子のような丸い外見、そこに細い手足がついていて、逆立ちような形で、トイレの下から顔を出す怪物なのだ。

何やら日本の花子さんによく似た話ですね。

昔からトイレに現れるお化けや妖怪の類は多いのです。

それは日本に限らず万国共通なのです。

それではもう一つのタルギャルの都市伝説を紹介します。

ある学校で2人の生徒がトイレに入った。

1人は用をすませたが、もう1人は出てこないのだ。

いつまで経っても出てこないため不審に思い、先に出た生徒が出てこない生徒を呼びに行ったのだ。

そしてその生徒が入っているはずのトイレをノックして、呼びかけてみるが返事がないそのためトイレのドアを開けてみた。

すると中でタルギャル鬼神が友だちを食べていたのだ。

驚いて声も出ない生徒にタルギャル鬼神は言う。

「腹がいっぱいになったのでおまえの事は食わない。だが今見たことは絶対に秘密にしろ。」

その生徒は、最初こそ恐怖でいいつけを守っていた。

しかし時間がたつにつれてこの時のことを誰かに話したくてたまらなくなった。

そしてある日、クラスの全員が運動場に出て、風邪で休んでいるその生徒ともう1人の生徒が教室で見学をすることがあった。

その生徒は、結局話したいという欲望に負け、トイレでのことをもう1人の生徒に話してしまった。

すると横の生徒の顔が急に怪物のような顔に変わり、うなるような声で「話すなと言っただろう」と叫んだのだ。

タルギャル鬼神に変化したその生徒は、約束を破った生徒を今度は食べてしまったのだ。

こちらがタルギャル鬼神のもう一つの話これは日本で言う所の雪女に似ておりますね。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 世界の都市伝説, 都市伝説