都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

定番都市伝説 青木まりこ現象

      2019/09/10

定番都市伝説 青木まりこ現象

さて今回も紹介しちゃいます都市伝説

本屋さんに行った際にお手洗いに行きたくなるという経験はございますでしょうか?

実はそれには青木まり子現象というとした名前が存在します。

なぜこの名前がついているかというと1984年の本の雑誌に掲載されていた投稿である。

sこには「私は何故か長時間本屋さんにいると便意を催します」という投書の主が青木まりこさんだったためなのだ。

そして全国で同様の経験をしている方たちがこの本屋さんに行った際にトイレに行きたくなるという現象を最初に投書した方の名前を取って青木まり子現象として認識したのだ。

そして現在に至るというわけである。

さてこの青木まり子現象の正体ですが、さまざまな説があります。

これは書籍に使われている紙のにおいがトイレットペーパーに類似している。

インクと紙のにおいに便意を誘発する物質が含まれている。

本屋の中ではなかなトイレに行けないというプレッシャーからくる便意などが代表的なものである。

ただ個人的な主観ですがこれらの説は否定されます。

なぜなら私が子供のころに本に囲まれているわけでもないゲーム屋さんやおもちゃさんにはいると同様の現象に見舞われているからです。

この現象の正体は、好きなものに囲まれてこの中からほしいものを探すというワクワクとした高揚感と一種の武者震いのようなものが、尿意や便意によく似ているためにトイレに行きたくなるのだと考えられます。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説