都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

学校都市伝説 ゆとりある徒競走

   

学校都市伝説 ゆとりある徒競走

ゆとり徒競走とは、通常の運動会では生徒が50メートルから100メートルを全力疾走して、順位を競う競技です。

これは生徒は年最初の方のスポーツテストでの記録を元になるべく近いタイムの生徒たちで、順位を競う事になります。

そしてゆとり徒競走とは足の速さの早い遅いで生徒たちに優劣意識を植え付けないための競技です。

横一列の生徒全員の手をつながせた状態で走ってもらい全員一緒にゴールするというものなのです。

このゆとり教育の代表とも言えるゆとり徒競走の噂はみなさん一度は聞いた事があるのではないでしょうか?

実際の所ゆとり世代と呼ばれている年代の知り合いにこのゆとり徒競走が実際におこなわれていたのかを尋ねてみました。

するとそのような徒競走はやったことがないし、実際にやっていた学校の話も 聞いた事がないという事です。

話を聞いてみるとゆとり教育と聞くとかなり緩い学校生活を想像しますが、従来と そんなに大きく変わった所はないらしいですね。

むしろ小学校時代からコンピュータ教育や英語教育が導入されて以前の学校教育よりも覚える事が増えてきたあたりの年代のようです。

怖いですよねデマ

それでゆとり世代とバカにされているのは非常に可愛そうです。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 学校都市伝説, 都市伝説