都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 大阪天王寺駅の100年ババア

      2019/09/08

地域都市伝説 大阪天王寺駅の100年ババア

大阪天王寺駅近辺には、かつて伝説のホームレスが存在していました。

そのホームレスの特徴は長い白髪を腰のあたりでたばねて手作りの乳母車のようなもので物を持ち運んでいました。

そして100年ぐらいその場所に住み着いているのではないかという噂から100年ババアという通称で呼ばれておりました。

この100年ババアの噂が一気に全国に広まったのはある逸話のためです。

それは天王寺駅周辺の再開発の際に駅周辺のダンボールハウスやビニールテントなどを役所の職員が片付けていたときのことです。

この100年ババアのダンボールハウスの床からなんと現金数千万円が出てきたらしいのである。

これだけですと単なる噂話です。

しかし100年ババアは週に何度も付近のラーメン屋で出前をとっていたりしていました。

更には漫画喫茶やネットカフェを利用している所を目撃されているのです。

そのためたしかにホームレスとは思えぬ羽振りの良さだったそうです。

ちなみにこの100年ババアは駅の再開発後しばらくして、高級老人ホームに入所して優雅な生活を楽しんでいるとの話です。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説