都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

人体都市伝説 マイナスイオン効果

      2019/09/01

人体都市伝説 マイナスイオン効果

今回はこのマイナスイオンは本当に健康に良いのかと話をご紹介しちゃいまっくす。

実はマイナスイオンの話は19世紀から存在しています。

欧米で負の空気イオン(現在で言う所のマイナスイオン)が健康に良いという仮説を唱えました。

それが後に日本に入ってきたのが最初である。

実際の所はマイナスイオンは体に良く、プラスイオンは体に悪いという2極論的な理論が科学的に証明されたわけではないのです。

そのためマイナスイオンがどのように体に良くて、プラスイオンがどのぐらい体に悪影響があるのか?

という事を科学的に証明したわけではないため実の所マイナスイオンを浴びると気持ちがいい程度のレベルなのです。

しかし日本ではあたかもこのマイナスイオンは万能で素晴らしいものとなぜ思われているのか?。

実はこの話を流布したのは、悪名高いTVのバラエティ番組「発掘!あるある大事典」なのです。

1990年代後半から繰り返し繰り返しマイナスイオンの素晴らしさを放送しました。

そしてこれが大ブームになり当時不況状態にあった家電市場がこれを利用しました。

そのため次々にマイナスイオン発生商品を発売しました。

そしてマイナスイオン=素晴らしいというイメージになったのが真相です。

マイナスイオン発生商品ですが、どれも科学的な臨床実験がされたものではないのです。

そのために健康にどれぐらい良い影響があるのか実はわからないです。

仮に健康になったとしてもそれはおそらくプラシーボ効果によるものかと思われます。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 人体都市伝説, 都市伝説