都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 東京で渋滞が起きやすい理由

      2019/09/01

地域都市伝説 東京で渋滞が起きやすい理由

今回は渋滞にまつわる都市伝説をご紹介します。

東京は非常に渋滞が起きやすい地域です。

その理由は人口が多いからだけではありません。

それは東京でよく渋滞が起こるのは、実は徳川家康のせいであるらしいのだ。

なぜかというと江戸に江戸城を構えた徳川家康は、直線の道を嫌ったためなのである。

それは直線道が多いと、敵に攻められやすくなるのだ。

そしてまた敵に攻め込まれた時の鉄砲の的になったりとします。

そのためになにかと都合が悪いためである。

そのため家康は江戸城を中心にうずまき状の道路をつくり、十字路よりも三叉路やT字路を好んで作ったのだ。

そしてそれから年月を経て、その上に舗装された道路などができていって結果、東京は環状線や大きく弧を描く道路が多くなったのだ。

実は東京に渋滞が起きやすい理由は、自動車の台数や人口の多さだけでないのだ。

それは江戸時代から続く地理的な問題においても渋滞しやすい土地になっていたのだ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説