都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 東京マラソンが開催された本当の意味

   

地域都市伝説 東京マラソンが開催された本当の意味

今回はこの東京マラソンにまつわる有名な都市伝説をご紹介します。

2007年から開催されている東京マラソンは、首都圏の道路を7時間もの間完全に封鎖されておこなわれ、毎年3万人ものランナーと大勢の観客がおとずれる大規模なイベントなのです。

しかしじつはこの東京マラソンはマラソンというイベントの側面とともに首都圏で大規模なテロや災害が起きた際に人々がどのように動くのか、避難のさいにどのように誘導すればよいのかの統計を採取するという別の側面も持ち合わせているのである。

これは一見すると陰謀論のようにも聞こえます。

しかしこの話れっきとした事実でランナー一人ひとりにICチップを渡して、テロや災害が起きた際に役立たせるために統計を取っています。

また2009年大会より屋形船を無料で利用して観戦できるサービスも始まりました

こちらもテロや災害で橋が落ちた際に屋形船を使うためのシミュレーションもかねているそうです。

スポンサーリンク

東京マラソン

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説