都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

定番都市伝説 車に貼り付けられたBABY in car 本来の意味

      2019/09/03

定番都市伝説 車に貼り付けられたBABY in car 本来の意味

車を運転する人にとっては見慣れた、BABY in car(ベイビーインカー)と 書かれたステッカーです。

車内に赤ちゃんや幼児が乗っているので気をつけてくださいという意味のステッカーに見えます。

しかし実は本当の意味は別にあるらしいのです。

よくよく考えてみると車内に赤ちゃんがいることを伝えたところで赤ちゃんが車を運転しているわけでもはありません。

これは何に注意をすればいいのか?

せいぜいクラクションをやかましく使わない。

無理な追い越しで 相手に迷惑をかけない。

くらいの対処しか思いつきません。

しかしこのステッカーの誕生の話を知ると本当の意味が わかってきます。

昔、夫婦とその赤ちゃんを乗せた車が事故を起こした。

車が横転をし、救急隊が出動する惨事だったのだが 夫婦は無事救急隊に救助されました。

しかし救急隊が横転した車内の中の赤ん坊の存在に気がつきませんでした。

そして赤ちゃんは車内に取り残さたまま、しばらくしてから車が炎上してしまいました。

結果、赤ちゃんは車内の火災に巻き込まれて亡くなるという忌まわしい事故となってしまいました。

そしてこの事故で生き残った夫婦は大変嘆き悲しみました。

そして助かった母親とその知り合い達が、2度とこのような事がおこらないように決意しました。

そしてあのBABY in carのステッカーを製作したのだ。

そうあのステッカーが注意を促しているのは、周りの車に対してではないのです。

事故が起きた際、救急隊に車内に赤ちゃんがいる可能性があるという事を 知らせるための意味があるのです。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説