都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 関越トンネルに仕掛けられている爆弾

   

地域都市伝説 関越トンネルに仕掛けられている爆弾

今回は関越トンネルにまつわる有名な都市伝説です。

都市伝説です。

です。

ですのおおおおおおおおおおお

関越トンネル内には等間隔に爆弾を仕掛ける箱が実在しているという話があります。

これはかつて旧ソビエト連邦が日本の仮想敵国だった頃の話です。

当時敵の兵隊が攻めて来る手段として考えられていたのは空挺部隊のパラシュートでした。

そして降下部隊と陸上部隊は日本海側から上陸してくるパターンでした。

もしも陸上部隊が日本海側から上陸してきた場合には。

関越道を通って首都圏に攻め込んでくるため関越トンネルをそのままにしておくと敵の陸上部隊に容易に攻め込まれる危険が高くなる。

そのため関越トンネルに仕掛けた爆弾を爆破して、

侵攻する道を遮断するというのが国防戦略として重要と考えられて、

今でも関越トンネル内には等間隔に爆弾を仕掛ける箱が存在するというわけです。

この話は真偽のほどは不明なのですが、

もしもテロなどがあった際に陸路の一つとして関越トンネル爆破の危険性を知らしめる意味もあるのだと思います。

スポンサーリンク

関越トンネル

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説