都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

定番都市伝説 1週間以内に出て行くアパート

   

定番都市伝説 1週間以内に出て行くアパート

島田秀平さんが語って幅広い年代の方に知られている怖い都市伝説入居者が1週間以内に出て行くアパートの話です。

あるアパートに部屋も広く、駅から近く、交通の便もよい部屋にもかかわらず家賃が異様に安い部屋がありました。

その部屋アパート2階の階段から一番近い位置にあるのです。

しかしその部屋はなぜか入居者が入ってもかならず1週間以内に出て行ってしまうそうです。

借りた人の話によると夜中に日付が変わるぐらいの時間のことです。

子供の声で「1段上った あと6段 上がり終わったら 遊びましょう♪」と聞こえてくるそうです。

その歌は日ごとに階段を上ってくるので、怖くなってその部屋の入居者は1週間以内に引っ越してしまうそうです。

島田さんの後輩の若手芸人がその部屋を借りた際に 怖いから引越ししたいと島田さんに相談してきたのです。

すると他の芸人達は大丈夫だよ。

せっかく安くて広い部屋に住んでいるのに

大体引越しの資金がもったいないということで、大量のお守りを買いました。

そして7日目の夜に何かおきても大丈夫なようにみんなで部屋に待機していたらしいのです。

そしてその歌が聞こえてきて、いよいよ部屋の前に来た時に突然電気が消えました。

そして続いて入居者のうめき声が聞こえました。

「どうした?大丈夫か?」

他の芸人達が声をかけると入居者は持ってきていた大量のお守りを口に入れて、泡をふいて失神していたのです。

そんな事があって、その入居した若手の芸人さんはすぐにアパートを引っ越したらしいです。

この話は10年以上前から地元では有名な怖いアパートらしく深夜ラジオなどの投稿で有名な場所でした。

アパートも自体も実在していて、そこに島田さんの後輩芸人が入ってやはり異常な出来事が起きて、

今でも入居者は1週間以内に出て行ってしまうそうです。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 未分類