都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

有名人都市伝説 鈴鹿サーキット警備員が追い返した大物人物

   

有名人都市伝説 鈴鹿サーキット警備員が追い返した大物人物

友達の親父さんの話である。

親父さん鈴鹿サーキットで警備員やっててある日黒塗りのハイヤーがゲートに来たのだ。

そして警備員の親父さん「通行証お願いします」といったのである。

すると黒塗りの運転手 「関係者だ」と叫んだ。

しかし警備員の親父さん「デスから通行証を」を提示を促した。

しかし黒塗りの運転手も怯まず 「だから関係者だといってるだろう」と続けた。

それでも警備員の親父さん「関係者でも何でも通行証を提示して頂かないとお通しできないことになっているんですよ」

黒塗りの運転手は不満そうにしていた。

すると黒塗りのハイヤーの高部座席から声が 「通行証を忘れてきたのは我々のミスです、今日は引き返しましょう」

こうしてハイヤーは帰っていったのだ。

そして数日後警備会社にあの本田宗一郎から手紙が届いた。

「貴方のようなちゃんとした方が警備してくださってることを心強く思います」 的なこと書いていたそうだ。

そして警備会社は騒然とした。

親父さんが追い返したのはあの本田宗一郎の車だったわけた。

そして警備会社も大慌てとなった。

親父さんは本田宗一郎を追い返した伝説の男となった。

ただ本田宗一郎の手紙は大変好意的だったので無論処分無しとなった。

その後も親父さんはその警備会社に勤めれることになったのだ。

そしてまたその後鈴鹿サーキットにあの車がやってきたのだ。

警備員の親父さん「通行証お願いします」

黒塗りの運転手 「はい(通行証差し出す)」

警備員の親父さん「はいどうぞお通りください」

そして黒塗りの車は通過して行ったのだ。

親父さんの前を通過していくその時のことだ。

後部座席の窓が開き窓から本田宗一郎が親父さんに会釈したのである。

スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

本田宗一郎夢を力に (日経ビジネス人文庫) [ 本田宗一郎 ]
価格:699円(税込、送料無料) (2019/4/4時点)

楽天で購入

 

 

関連コンテンツユニット



 - 有名人都市伝説, 都市伝説