都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

食べ物都市伝説 酒は百薬の長という言葉には続きが存在する。

      2019/04/03

酒は百薬の長という言葉には続きが存在する。

「酒は百薬の長」という言葉がある。

そして毎日過剰に薬を飲むとどうなるかというと、 薬物依存に陥りどんどん体が悪化していくのである。

たとえばあなたは、毎日薬を飲みたいだろうか?。

健康な体であれば、薬は飲まないことに越した事はないはずなのである。

しかし何故酒に関しては「百薬の長」と言いながら飲むのか。

「酒は百薬の長 されど万病の元」 と、この言葉に続きがあるのすら知らない人間も多いのだ。

意図的に無視しているものも多いのだ。

しかしはっきりいってしまう。

酒は百薬の長であり、薬と同じ毒である。

実は適度な酒が健康に良いってのはガセの疑いがあるのだ。

酒を少量飲み続けた人と酒を完全に絶った人ではどちらが長生きできるか調べた研究があった。

確かに酒を少量飲んでた人の方がより長生きしたって結果が出た。

しかしそれは酒を絶った人はすでに肝臓病とか心疾患とかで酒を止めたからである。

酒を飲み続けた人より早く息を引き取った疑いがあるのだ。

その部分を修正して統計をとり直すとやっぱ少量でも酒を飲んでた人の方が早く息を引き取ったそうだ。

スポンサーリンク

 

関連コンテンツユニット



 - 都市伝説