都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

定番都市伝説 宝くじの当たりやすい人の特徴

      2019/02/22

定番都市伝説 宝くじの当たりやすい人の特徴です。

名字がKの人は当選確率が高い

高額当せん者の「イニシャル」は、

男性は1位から

「T.Kさん」

「M.Sさん」

「K.Sさん」

で、1位ならたとえば「カトウ・トシオさん」。

女性は

「M.Kさん」

「M.Sさん」

「M.Mさん」

で、1位はたとえば「コバヤシ・マサコさん」。

つまり、男女とも名字が「K」の人が1位です。

ちなみに、数字式宝くじでは、男性が1位から

「T.Kさん」

「K.Kさん」

「T.Sさん」

女性が

「M.Kさん」

「M.Sさん」

「Y.Kさん」

となっています。

宝くじ初心者の方が当選しやすい。

宝くじを買い始めてからどれくらいになるか」というアンケートで、

1位は「10年以上」で56.9%。

2位は「5年以上10年未満」の16.5%

3位が「1年以上5年未満」の12.8%となっています。

これは、「10年以上買っている人がよく当たる」というよりも、

10年以上買っている人が圧倒的に多いということでしょう。

また、高額当せんの確率は極めて低いので、

年数が長くなれば、

買う回数も累積して、

当たる確率が上がっていくのは当然です。

多くの枚数を買ったほうが当選しやすい。

宝くじ長者になった人は日頃、

宝くじを何枚ぐらい買っているのかという質問に対して、

回答があった中では

「10枚」(213人)が群を抜いて1位

「30枚」(155人)

「20~29枚」(141人)

「50~99枚」(132人)

までがとくに多く、

「10枚未満」(57人)、「11~19枚」(31人)は意外に少ないですね。

「100枚以上」(86人)の人もさすがに結構います。

水瓶座の女性は、双子座の2.3倍も当たりやすい

12星座でみた場合、

男女ともトップが「水瓶座」で、

男女合計でみると、全体の10.8%になります。

一星座の平均なら、

本来は8.3%になるところです。

1,495人のアンケートなら、

統計的にもある程度は信頼できる数字です。

とくに、女性の水瓶座は11%で、双子座(4.8%)の2.3倍にもなっています。

当たりやすくなるコツ

同じ宝くじの売り場でしか買わないこと!

顔なじみになっとくと、

宝くじ当たりやすい人からの情報もらったり、

当たりやすい番号くれたりします。

「宝くじの保存は大切に」 当たりやすい人ほど大切に大切に保管するんです。

スポンサーリンク

 

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説