都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 明るい地名に隠された真意

   

地域都市伝説 明るい地名に隠された真意について書こうと思います。

東京の某所に、個人所有の小さな山があった。

そこは昔から「首切り山」とか「首吊り山」と呼ばれており、首吊りの名所となっていた。

あまりに有名であったため、町の地図にも山の名前は「首吊り山」と書かれるほどであった。

しかしある時役所から「あの山は今日からニコニコ山になりました。」と説明があった。

回覧板でも、学校の全校朝礼でも同様の達しがあったという。

それから3年後、その山にニュータウン開発計画が持ち上がった。

そして「ハッピーフレンドタウン」のような名前が付けられ売りに出された。

あの首つり山も切り崩され、人が多く移り住んできたという。

実はそのような土地は日本全国にあるのだ。

これはあくまで一例ではある。

「希望○○」

「ひかり野○○」

「嬉山○○」

などやたら明るい地名にある日突然変更されていたのだ。

もしあなたがそのようなやたら明るい地名に家を建てようと考えていた場合は1度いわれを調査した方がよいだろう。

ひょっとすると、知らぬ間に首つり山にすむことになるかもしれないのだから

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説