都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

人体都市伝説 人の理想の睡眠時間

      2018/12/26

人体都市伝説 人の理想の睡眠時間について書こうと思います。

「人間の理想的な睡眠時間は8時間」といわれており、多くの人は信じていた。

ところが、まったくのウソらしいのだ。

「まず、根拠がなく、誰が『8時間睡眠がいい』と言い出したのかもわからないのだ。

そもそも睡眠時間は年齢によって異なります。

こう説明するのは、睡眠研究の専門家である三島和夫氏である。

測定データによると、10歳以下の子供こそ平均睡眠時間が8時間を超えている。

しかし徐々に短くなり、40歳で約6時間半、70歳以上になると6時間を切るのだ。

睡眠時間の個人差は非常に大きいことは明らかになっています。

そしてその人にとって理想的な睡眠時間がどのくらいなのか調べる簡潔な方法は確立されていません。

睡眠というのは、まだ解明されていない部分が多いのです。

さらに「深い睡眠」=「よい睡眠」ともいえないのだという。

一方、夜中に目が覚めるなど、何らかの不眠症状を訴える人の割合は、成人で40%だといわれている。

治療が必要なのは6~8%程度だと三島氏は言う。

「ただし、寝不足の人は非常に多いと思います。

サラリーマンには休日に寝だめをする人もいるでしょうけど、眠りすぎは禁物である。

特に夜型の人は一気に体内時計が遅れてしまい、月曜日がツラくなります。

寝るなら平日と同じ時間に一旦、起きて、昼寝をするほうがいいでしょう。

今も謎だらけの睡眠。理想の睡眠時間どころか、人間にとってまだまだ未知の領域なのだ。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 人体都市伝説, 都市伝説